安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「吉田 茂の孫と言うだけ」

朝日新聞によると、明治維新以来140年の近代日本の歴史の中で、
選挙で政権を争い、もし選挙で政権交代をしたら史上初めてのことだという。
この記事は、興奮気味にこのことを記していたが、言われてみれば、こんな
西欧諸国では実にあたりまえのことが、なかなか実現出来ずにここまで来て
しまったわけだ。 政党も国民も大いに反省しないといけないと思う。官僚に
好き勝手させてきたのは、結局政治家であり、その政治家の背景にいる国
民でもある。

  麻生さんの就任挨拶を聞いていたら、やはり祖父、吉田 茂のことに触
れた。 私はやっぱりなあと思った。 所詮、安倍晋三が岸の孫だと言いふ
らしたのと同じだ。 本人にとっては、存在のすべてが吉田の孫ということに
尽きるのだろう。 官僚が利害調整をうまくこなすだけで、国が運営出来た
時代は、国民も本気で政治家をあてにしていないのだから有名人の孫や子
供という程度で偉くなっても問題がなかった。 しかし今日のように、戦後の
仕組みがうまく機能せず、官僚も過去の成功体験しか持ち合わせず、新し
い課題に有効な手立てが打てなくなった時代は、そうはいかない。 育ちの
良さなどどうでもいい。 日本の社会を大改革できる政治家を渇望している
と私は思う。 麻生太郎も吉田の吉の字も出さず、俺は俺と言うくらいなら、
まだ骨を少しくらい感じたと思うが、演壇の中心に据えてエピソードを話し出
した瞬間にやはり、程度は安倍と同じだなと私は断じた。 それにしても沈
没船のねずみじゃないのだから、安倍といえばワアーと安倍、福田といえば
ソレーと福田、麻生といえば俺も俺もと麻生。 まさに自民党の何たるかを
見る思いだ。

 はたして総選挙はいつになるのか。 11月始めか、中間くらいだろうか。
国民もこの選挙はこれまで以上に関心が高い気がする。 この選挙が二大
政党制の定着の選挙になって、政権が何年かごとに交代出来る政治体制
になればうれしいことだ。 ある意味でここまで来るのに20年の時間が過ぎ
ている。 ただ心配なのは野党にいる民主党は二大政党制の仕組みの大
切さをよく知っているが、与党に居続けることにしか政治の意味を見出せな
い自民党は、二大政党制を定着させる力があるだろうか。 むしろ、自民党
は野党になった瞬間に消滅してしまうのではないか。 我々のように野党で
10年がんばれる信念をもった政治家がどれだけいるのか。 所詮与党に
しかいられない連中の集まりだから気になってしまう。 まあ人様のことなの
で余計なことなのだが・・・。 いよいよ審判の時、決着をつけるときが近づ
いた。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop

「汚染米」

汚染米の流通経路の公表は、さまざまな波紋を巻き起こしている。
しかしここは公表するしかなかったと思う。 これを非公開にしていたら
農林水産省や国への国民の不信感はさらに高まったことだろう。
この問題の本質は、外国から入ってくる米の管理を国がずさんにして
いたということに尽きる。 確かに三笠フーズをはじめ、汚染米とわか
って不正転売していたのは犯罪行為そのものなのだから問題外だ。 

 一方で私が言いたいのは役所(農水省)は何をしていたのかというこ
とだ。 今回よくわかったのは、外国産米を日本に入れて倉庫に保管を
している。 この保管先が、天下り団体である全国食糧保管協会であり、
外国産米の窓口である。 この天下り団体の保管から国内に流通され
ていて、三笠フーズなどに流れている。 当初農水省は、責任がないと
の態度を言ってきたが果たしてそうだろうか。 あの汚染米の品質管理
と保管の責任は農水省とこの天下り団体にあるのではないか。 どうも
農水省は意図的に業者が悪いというプロバガンダを行っているように思
えてならない。 私に言わせれば、これは責任転嫁そのものだ。

 やはり長年、天下りを引き受けてもらう業界側に立って生産者や消費
者をコケにしてきた癒着行政が、この事件の本質である。 今になって
消費者保護行政の必要性を政府与党は言っているが、私はこの10年
間ずっと言い続けてきた。 対応が遅すぎるのだ。 このままでは、日本
の消費者は何を信頼していいのかわからなくなってしまう。 また生産者
だって減反を徹底させられて、その裏で外国産の汚染米を不正流通させ
られたら怒りはおさまらないだろう。 食の安全をめぐる政府の対応は総
選挙の大きな争点に浮かび上がってきた。

9月22日21:00~21:54TVタックルに出演いたします。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop

「選挙準備」

火曜日に東京に戻って来たが、やはり永田町では議員や秘書は皆選挙
モードに入っている。 自民党の総裁選挙も所詮茶番劇だ。 この間の数
々の失政をテレビジャックで埋め合わせしようというだけだ。 確かにこの
パフォーマンスで、国民の中には、自民党はすばらしいと思う人もいるだろ
う。 しかし、普通の常識的な人なら、冷めた怒りの視線を持っているはず
だ。 しかしその割合がはたして国民のどれだけなのかが、自民党も民主
党もわからない。 この一週間の世論調査でも、テレビの露出度で自民党
の支持率は上昇しているという結果もあれば他方ではこれだけテレビが扱
っているにもかかわらず支持率がまったく上昇していない調査もある。 この
お祭り騒ぎは、確かに政治の世界では、衆議院選挙と合わせて一つの流れ
を作っているが、永田町から一歩外にいる多くの国民は政治家やマスコミが
思う程、ノリがいいわけではないのだ。

 はたしてこの二週間のバカ騒ぎのあと、世論はどう動くのだろうか。 麻生
さんが勝つのは間違いあるまい。 自民党の議員というのは本能的に勝ち
馬に乗りたがる。 私たち民主党の議員のように、野党にいて、信念をもっ
て戦おうという体質を持ち合わせていない。 特にいまどきは、自民党議員
の50%以上が世襲議員となり、尚のこと傾向が強い。 だから麻生氏に流
れが出来れば、どっと集団で流れてしまう。 問題はその先だ。 臨時国会
と解散総選挙のタイミングだ。 麻生さんを鮮魚にたとえて恐縮だが、でも
唯一の売りは鮮度なのだから一日でも早く選挙をしたいはずだ。 その時は
国民は意識の底流にある政権交代と一回は民主党にという行動に出るの
か。 それとも、目先のパフォーマンスを信じて、また自民党を飽きもせず
に選択するのか。ここが最大の勝負どころだ。 結果は私にもわからない。
まさに神のみぞ知るだ。

 ところで、私もそろそろ地元での選挙の準備に入ろうと思う。 前回は多く
の支持者に助けてもらい、小泉郵政ブームの影響をまったく受けることなく
勝つことが出来た。 それから丸3年がすぎた。 私も今回で6回目の選挙
に出る予定で5度目の当選をめざす。 選挙は一回一回が勝負だ。 すば
らしい支持者と一緒に強い選挙をしたいと思っている。


★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop

 「自民党総裁選とメディア」

 私は、太田農水大臣を罷免する為に、緊急記者会見でもするのかなぁと
思っていた。 でも、経験上わざわざ夜遅くの会見でメディアを集めてやる
からには、自身の進退をかけた話以外にはないのではないかとも感じてい
た。 それにしても情けない限りだ。 安倍も福田も同じだ。 これでは国民
はたまらない。 二世や三世の毛並みだけで首相になった政治家の本領発
揮か。こんなダメな政治家をみんなで祭りあげ、パフォーマンスと人気取り
だけで、政権を運営していた自民党は、もう与党の資格はない。 ワイドショ
ーやテレビは、安倍や福田への厳しい批判もそこそこにこんどは、麻生だ小
池だとやっている。 劇場型政治で視聴率を取りたいテレビと、そのテレビを
利用して国民をあざむこうとしている自民党の思惑が一致してのことだ。でも、
国民は簡単に乗せられるのだろうか。 そうだとすれば国民の見識も問われ
る。 記者が自民党のニュースばかりで、民主党はかすみかねないと言う。 
ところが私は、全然気にならない。 何故かと言うと、もう私の政治家としての
生命も、民主党としての政党の命運も国民にその行く末を委ねているからだ。

 パフォーマンスでどうこうやろうという気持ちが私には、さらさらない。私は、こ
の国でがんばって生きている人を多く見ている。 国民は官僚機構の腐敗や
政治の統治力のなさを直感的に知っている。 自民党やメディアが笛を吹い
ても踊らされる国民は少ないのではないかと思う。 もし国民が小泉時代
同様に、またワイドショー政治に流されたら、この国の政治は、永遠に三流の
ままだし、国は滅ぶ。 滅ぶことを選択したのは、国民自らということになる。 
しかし、私は、そうならないと信じている。

 むしろ思惑がはずれるのは自民党と視聴率だけ考えている、いい加減なメデ
ィアの方だと思う。 まあどちらが正しいか選挙をすればわかる。そのときはま
もなく来る。

 9月8日(月)TVタックルに出演いたします。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop