安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

『一石三鳥四鳥』

いよいよ連休だが、政局は佳境に入る。 休みどころではない。 水曜日から
始まった与野党の道路財源をめぐる修正協議は、暫定税率の問題では対立
のままであった。 ただ来年度からの一般財源化については、方向性は一致
するところもあった。 私は、席上、名実ともに一般財源化の為には、法律を改
めるのとともに、悪名高き、「中期道路計画」の59兆円の道路建設方針を白紙
にする必要があると主張した。 これに対して自民党の津島雄二税調会長は、
歳入歳出一体の点から、税収全体の見直しという大きな改革になるので、税制
改革の方向での議論をしたいと主張した。 この話に乗っていくと、消費税の引
き上げなどの土俵に上げられてしまう。 つまり道路政策の抜本的な見直しにつ
いて意欲をもつ民主党と、この際、目的税を一般税にするのをいい機会に税制
改正につなげたい自民党の思惑にはずいぶんと相違がある。  この差を埋め
ていかに一般財源化を実現するかは至難の業である。 しかし、私はここまで来
たからには、悲願と言える道路特定財源の廃止をなんとか実現したいものだと
思っている。 

この間何度も書いたが、道路だけ特別扱いする時代は終わった。 何でも使える
自由な財源として、地方により多く配分することで、分権にも役立つし、地方の政
策選択の幅も広げることにもなる。 もう宮城県や、岩手県の道路建設は地元に
まかせて、国交省が口を出すのは、止めた方がいいということだ。 中期計画もま
ず59兆円ありきの計画なので廃止する。 一般財源化しても、この計画を閣議決定
してしまえば、自動的に予算が道路建設にまわる仕組みになるから、この計画の
抜本見直しは、一般財源化と表裏一体なのである。 この二つをやり切れば、
私は、国交省の道路局は、極端な話、いらなくなると思う。 なぜなら、地方の道路
は地方で作る。 さらに高速道路は、民間会社でやる。 つまり国交省の道路局は
仕事がなくなるのだ。 これこそまさに行革であり、天下りも根絶できる。 また道路
局の用心棒のような人相の悪い族議員もいなくなる。 まさに一石三鳥四鳥だと思う。
さあ、この大改革を福田首相は決断できるかどうか。 すべてはこれからの10日間
にかかってる。


★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop