安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「落第首相 福田康夫」

内閣支持率が20%を切った。 20%というのは、自民党と公明党の
本当に固い支持者の最低限の比率であり、極端なことを言うと、ほぼ
すべての国民がこの内閣を総スカンしたと断じてもおかしくない数字で
ある。 やはり国民の行政への不信は根強い。 社保庁のいい加減さ、
防衛省の不正、さらには、道路特定財源をめぐる国交省の利権。どれ
も皆、同じ腐敗の臭いが漂っている。 これ以外にも文部科学省の学校
建設など建物行政トップの施設部長の贈収賄事件など、本当ならば連
日トップニュースになるくらいの不祥事が、何か小さなニュースになって
しまう程、腐敗は続く。 これは、もう今の官僚体制を維持することを前
提に小手先の再発防止をしてもダメだということを証明している。 こう
なればすべての中央官僚や省庁の幹部は、例外なく国民から不信の目
で見られている。 だからこそ天下りの根絶など思い切ったことをやらな
い限り行政への国民の信頼の回復は無理だろう。

今国民が政治に期待しているのは、こうした機能不全に陥った行政機能を
ぶち壊し、再生をさせるリーダーシップではなかろうか。極論すればそれを
やってくれるのであれば自民党でも民主党でも共産党でもいいということだ。
とにかく税金を使う側の大改革をスピード感をもってやってほしいと思ってい
るはずだ。それをやってくれる政治家の集団を求めているのだと思う。しか
し福田さんではダメなのだ。道路財源一つ取っても彼には改革は無理だと
思っているからこそ20%の支持率なのだ。

そのことがわからないまま居座りつづける落第首相と、選挙恐怖症でじっと
したままの自民党と公明党にこのままでは日本は潰されてしまう気がして
ならない。 この状況の打開のためにも私は解散が必要だと思っている。


★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop