安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

 「閣議決定と再議決」

十三日の午前、福田内閣は閣議を開き、来年度から道路特定財源を
一般財源化することを決めた。 これにより来年度から道路特定財源制
度は廃止されることになる予定だという。  しかし、その日の午後には、
本会議が開かれ、今年からから10年間にわたり道路特定財源制度を
維持する特別措置法が再議決された。 国民から見れば午前中の決定
と、午後の議決は正反対なことであると思うのは当然ではなかろうか。
午前中の閣議決定は、福田首相が首相の間に閣僚とそうしようと決めた
だけで、もし首相が辞めればその重みはなくなる。だから、この閣議決定
は単なる申し合わせ事項でしかないと思える。 これに対して、午後の議
決ははるか重い。 道路特定財源を法律上10年間担保するものである。
つまり総理大臣がだれであろうと、政権党がどこであろうと守らなければ
ならない法律になった。
 
午前中の決定と、午後の議決は明らかに矛盾することなので、おかしいと
民主党は言い続けて来たのだ。首相が 一般財源化を本気でやろうとする
ならば、再議決しなければいいだけなのだ。それをわざわざ再議決までして
10年のしばりをかけてしまった。 自民党の若手も情けない。一般財源化が
約束されなければ、投票で造反と息巻いていたが、午前中の閣議決定をもっ
て納得して、午後の投票は、全員道路特定財源の10年延長に賛成していた。
もし彼らが身体を張って再議決に反対していれば、わずか16票で特定財源
の決議は再可決出来なかったのに残念だ。 まあ、たとえて言えば、学校に行
きたくないとわめいている小学生がアメをもらっておとなしく親の言うことをきい
てランドセルを背負って登校するのと同じ程度の抵抗だったと思う。
そこには本気さのかけらもなけった。
 
国会は 残すところ、今日入れて一ヶ月になった。 後期高齢者医療制度の見通
しや公務員制度の法律もどうなるのか。 どうも与党から本気さが伝わってこない
のが気になる。



 ★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop