安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「まだましな方向」

公務員制度改革をどうするか、終盤国会の焦点の一つになってきた。
今国会の政府提出法案は、政府の役人の政治家への接触の制限や
縦割り採用となっていた官僚の人事を新しく作る人事庁に一元化する
などの改革が盛り込まれている。 しかしもっとも問題になっている天
下りについては、禁止をしていない。

また、公務員の労使関係の規制緩和は、前向きではあるが、連合の
求めているところには程遠い。 朝日新聞などは、早くも、今国会で民
主党と政府与党の考え方に開きが大きく成立は困難になったと一面
の特ダネ記事で記している。 しかし事実はそうではない。 結論から
言うと、民主党も歩み寄れるところは歩み寄り、パーフェクトは求めな
いがよりましな方向で修正をしようと努力している真っ最中なのである。
特に現場の衆議院内閣委員会では理事を中心に修正協議を与党と
行っている。 

天下りの禁止などを巡っては、自民と民主のへだたりは大きい。 し
かし、それをもってすべてをダメにするよりは、役人と政治家の接触の
規制や人事の一元化については、「まだまし」論的にやってみるのもい
い。 見解の相違や埋められないところはいずれ総選挙で決着をつけ
るとしてやれることだけはやる。 対立して法案をダメにして喜ぶのは
官僚だけだ。そうはさせたくない。

今週末から来週にかけて公務員制度改革もいよいよヤマ場を迎えるが、
いい結論がでるようにしたいものだ。 与党もぜひ、政府与党の立場を
離れて政治の側から公務員制度をどうするかという視点に立ってこの
問題に立ち向かってほしいものだ。 官僚が主導の時代はいずれ終わ
る。 そうなれば、政治が中心になって世の中を動かしていかねばなら
ない。 公務員制度改革の問題は国会の力量が問われている。


★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop