安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「政治の出番」

今週の水曜日に地元の水産業界関係者らと意見交換会を行った。私
 の地元は、全国屈指の漁業地帯だ。 漁業者の他にも水産流通に携
 わる人や、水産加工業者などが、数多く生計を立てている。今、漁業
 者が主に使っているA重油は、1キロリットルあたり、11万円に達する。
 1キロリットルといえば、ドラム缶で、約5本くらいだ。 これが10年前に
 は2万円で、3年前でも5万円前後だったから11万円がいかに高いか
 おわかりだろう。 1キロリットルで、だいたいの沿岸漁業者は平均す
 れば4日程度沖合いに漁に出るくらいだから、その間にそれを超える
 収益を出さないとやっていけない。

 損益分岐点は、おおよそ6万円前後と言われていて、11万円はとっく
 にアウトの状態だ。 こうした漁業者の状況は後ろに控える水産加工
 業界にも直接影響を与える。 燃料高で漁を控えれば、漁獲高が当
 然減ってしまう。 そうすれば、原料となる魚の値段が、高騰する。
 私の地元は笹かまぼこや、ちくわの生産地だが、いわゆる「ねりもの」
 消費者にもその影響は及びつつある。 このままでは庶民の味だった
 かまぼこが、口に入りにくくなるかもしれない。

 地元での懇談会には、漁業者の代表や水産加工業界の代表、さらに
 は地元の自治体の幹部も参加した。 みなさん口々に原油高への即
 効性のある対応を求めていた。 私も今こそ政治も出番だと思う。 A
 重油を損益分岐ラインとなる6万円台まで下げるために、財政出動し
 てもいいのではないか。 財源は漁港整備予算を多少見直し、基金を
 作る。 その上で、道路特定財源を1千億円程度この基金の補填に充
 当するのがいいと思う。 日本の水産資源を守り、沿岸漁業を今後も
 続けるためトータルで2千億円程度の投入は高いものではない。 水産
 自給率が50%台に落ちており、これを高めることから言っても財政支
 援は必要だ。 ある意味ではコンクリートから人への投資とも言える。
 臨時国会で党としても政府に即効性のある対応を強く求めることにする。


 ★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
   メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop