安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「情報隠し」

中国ギョーザをめぐる日本政府の対応は、国民に不信感を与えて
いる。 報道によると、中国側が国内での中毒患者発生を通告して
きたのは、6月下旬となっている。 つまり日本側は一ヶ月以上これ
を明らかにしなかった。 だれがこの情報操作を指示したのか解明
しなければならない。 想像するに、サミットもあり、オリンピックもあ
り、華やかなイベントに水を差すようなニュースは隠そうということだ
ったのか。 もし、中国側の事情でなく日本政府側の勝手な都合で、
一ヶ月にもわたる隠ぺいが行われたとすれば、それに関与した役人
政治家は責任を取らねばならない。 民主主義社会の砦は情報の
公開である。 情報を正確に早く万人に対して公開することで、権力
は担保される。 身勝手な都合で情報をコントロールすることは社会
を根幹からおびやかす事態とも言える。 与党は国会の開会を9月に
すると言っているが、こうしたことは、国会での追求が一番いい。
明日にでも国会を開いて徹底的にやらせてもらいたいものだ。福田
首相は、知らされていなかったようだ。 そうだとすれば、統括してい
るつもりでも本当は役人に統括されているともいえる。 仕切れない
のならばその職を去った方がいい。 裏切られたと思ったら隠ぺい
の事実関係を徹底的に調べ、自ら世に明らかにしなければならない
と思う。

 水曜日、広島は63回目の原爆の日を迎えた。 いまだにその認
定をめぐって原告側と国が争っているのは残念でならない。 こうし
て論議している間にもあの時代を生きた人は、この世を去っている。
国が暖かい支援の手を最後まで差し伸べず、救われない思いで亡
くなった人も多くいる。 これは金の問題以上に国家としての姿勢の
問題であると思う。 この原爆症の認定問題が政治的にも解決しな
い限り、本当の意味での戦後は終わらない。 日本政府の英断を求
める。

ところで、 麻生幹事長は、民主党をナチス呼ばわりしたが、とに
かく、政権にしがみつくことのみが唯一の目的となってしまった自民
党。 こんな政党に日本の未来は開けない。 麻生発言は情けない
ひと言だ。

 来週は都合によりメール通信をお休みさせていただきます。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop