安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

 「自民党総裁選とメディア」

 私は、太田農水大臣を罷免する為に、緊急記者会見でもするのかなぁと
思っていた。 でも、経験上わざわざ夜遅くの会見でメディアを集めてやる
からには、自身の進退をかけた話以外にはないのではないかとも感じてい
た。 それにしても情けない限りだ。 安倍も福田も同じだ。 これでは国民
はたまらない。 二世や三世の毛並みだけで首相になった政治家の本領発
揮か。こんなダメな政治家をみんなで祭りあげ、パフォーマンスと人気取り
だけで、政権を運営していた自民党は、もう与党の資格はない。 ワイドショ
ーやテレビは、安倍や福田への厳しい批判もそこそこにこんどは、麻生だ小
池だとやっている。 劇場型政治で視聴率を取りたいテレビと、そのテレビを
利用して国民をあざむこうとしている自民党の思惑が一致してのことだ。でも、
国民は簡単に乗せられるのだろうか。 そうだとすれば国民の見識も問われ
る。 記者が自民党のニュースばかりで、民主党はかすみかねないと言う。 
ところが私は、全然気にならない。 何故かと言うと、もう私の政治家としての
生命も、民主党としての政党の命運も国民にその行く末を委ねているからだ。

 パフォーマンスでどうこうやろうという気持ちが私には、さらさらない。私は、こ
の国でがんばって生きている人を多く見ている。 国民は官僚機構の腐敗や
政治の統治力のなさを直感的に知っている。 自民党やメディアが笛を吹い
ても踊らされる国民は少ないのではないかと思う。 もし国民が小泉時代
同様に、またワイドショー政治に流されたら、この国の政治は、永遠に三流の
ままだし、国は滅ぶ。 滅ぶことを選択したのは、国民自らということになる。 
しかし、私は、そうならないと信じている。

 むしろ思惑がはずれるのは自民党と視聴率だけ考えている、いい加減なメデ
ィアの方だと思う。 まあどちらが正しいか選挙をすればわかる。そのときはま
もなく来る。

 9月8日(月)TVタックルに出演いたします。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop