安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「選挙準備」

火曜日に東京に戻って来たが、やはり永田町では議員や秘書は皆選挙
モードに入っている。 自民党の総裁選挙も所詮茶番劇だ。 この間の数
々の失政をテレビジャックで埋め合わせしようというだけだ。 確かにこの
パフォーマンスで、国民の中には、自民党はすばらしいと思う人もいるだろ
う。 しかし、普通の常識的な人なら、冷めた怒りの視線を持っているはず
だ。 しかしその割合がはたして国民のどれだけなのかが、自民党も民主
党もわからない。 この一週間の世論調査でも、テレビの露出度で自民党
の支持率は上昇しているという結果もあれば他方ではこれだけテレビが扱
っているにもかかわらず支持率がまったく上昇していない調査もある。 この
お祭り騒ぎは、確かに政治の世界では、衆議院選挙と合わせて一つの流れ
を作っているが、永田町から一歩外にいる多くの国民は政治家やマスコミが
思う程、ノリがいいわけではないのだ。

 はたしてこの二週間のバカ騒ぎのあと、世論はどう動くのだろうか。 麻生
さんが勝つのは間違いあるまい。 自民党の議員というのは本能的に勝ち
馬に乗りたがる。 私たち民主党の議員のように、野党にいて、信念をもっ
て戦おうという体質を持ち合わせていない。 特にいまどきは、自民党議員
の50%以上が世襲議員となり、尚のこと傾向が強い。 だから麻生氏に流
れが出来れば、どっと集団で流れてしまう。 問題はその先だ。 臨時国会
と解散総選挙のタイミングだ。 麻生さんを鮮魚にたとえて恐縮だが、でも
唯一の売りは鮮度なのだから一日でも早く選挙をしたいはずだ。 その時は
国民は意識の底流にある政権交代と一回は民主党にという行動に出るの
か。 それとも、目先のパフォーマンスを信じて、また自民党を飽きもせず
に選択するのか。ここが最大の勝負どころだ。 結果は私にもわからない。
まさに神のみぞ知るだ。

 ところで、私もそろそろ地元での選挙の準備に入ろうと思う。 前回は多く
の支持者に助けてもらい、小泉郵政ブームの影響をまったく受けることなく
勝つことが出来た。 それから丸3年がすぎた。 私も今回で6回目の選挙
に出る予定で5度目の当選をめざす。 選挙は一回一回が勝負だ。 すば
らしい支持者と一緒に強い選挙をしたいと思っている。


★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop