安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「汚染米」

汚染米の流通経路の公表は、さまざまな波紋を巻き起こしている。
しかしここは公表するしかなかったと思う。 これを非公開にしていたら
農林水産省や国への国民の不信感はさらに高まったことだろう。
この問題の本質は、外国から入ってくる米の管理を国がずさんにして
いたということに尽きる。 確かに三笠フーズをはじめ、汚染米とわか
って不正転売していたのは犯罪行為そのものなのだから問題外だ。 

 一方で私が言いたいのは役所(農水省)は何をしていたのかというこ
とだ。 今回よくわかったのは、外国産米を日本に入れて倉庫に保管を
している。 この保管先が、天下り団体である全国食糧保管協会であり、
外国産米の窓口である。 この天下り団体の保管から国内に流通され
ていて、三笠フーズなどに流れている。 当初農水省は、責任がないと
の態度を言ってきたが果たしてそうだろうか。 あの汚染米の品質管理
と保管の責任は農水省とこの天下り団体にあるのではないか。 どうも
農水省は意図的に業者が悪いというプロバガンダを行っているように思
えてならない。 私に言わせれば、これは責任転嫁そのものだ。

 やはり長年、天下りを引き受けてもらう業界側に立って生産者や消費
者をコケにしてきた癒着行政が、この事件の本質である。 今になって
消費者保護行政の必要性を政府与党は言っているが、私はこの10年
間ずっと言い続けてきた。 対応が遅すぎるのだ。 このままでは、日本
の消費者は何を信頼していいのかわからなくなってしまう。 また生産者
だって減反を徹底させられて、その裏で外国産の汚染米を不正流通させ
られたら怒りはおさまらないだろう。 食の安全をめぐる政府の対応は総
選挙の大きな争点に浮かび上がってきた。

9月22日21:00~21:54TVタックルに出演いたします。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop