安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「その日暮らし政権」

解散がいつになるか。 政局の焦点は一点ここにある。 どうも麻生首相
はじめ自民党は怖気付いてきた。 景気対策とか何だかんだ言って先送り
しようということらしい。 しかしそうはいかない。 この内閣は、仮免許内閣
であり選挙管理内閣だからだ。 国民の信任を得ない内閣は大きな仕事は
出来ない。 こちらもいろいろ配慮しながら話し合いでの解散を探ってきた
が、話し合いは終わった。 ここからは政局はガラリと変わり、こんどは民主
党がこの内閣を解散に追い込む番だ。 来週から始まる予算委員会は衆
参で激しい論戦となるだろう。 その中で、立ち往生し行き詰まる麻生内閣
がどう出てくるかそこがヤマ場だ。

 代表質問を聞いていて私が一番気になったのは、民主党の鳩山幹事長の
質問への麻生首相の答弁であった。 あまりニュースにならなかったが、定
額減税の財源や年金の国庫負担の増額分の財源をどうするかについて、首
相はすべてこの暮れまでに成果を得ると答弁し現時点では明確な財源の手
当ての目途がついていないことを明らかにした。 また、後期医療の見直しに
ついても一年を目途に見直すと述べ事実上の先送りを表明した。 この答弁
を聞いても私は、自民党や首相に民主党の財源はどうなっているのかと批判
する資格はないと断じる。 見通しのたたない政策を並べて、その場しのぎで
目前の選挙を乗り切ろうとしているのはむしろ与党の方である。 まあ、この
年末までには自分たちは野党になっているからいい加減でもかまわないとい
うことか。 いずれにしても無責任な姿勢に終始しているとしか思えない。 そ
して何の戦略もなくその日一日一日をしのいで、与党に居座りつづける為に、
今やれば負けそうだから理屈をつけてやらないと、解散を引き伸ばす。 まさ
にその日暮らし政権だ。 しかし、そうはさせない。 ここまできたら、政局が多
少混乱しても国民の審判を仰ぐ状況を作らないといけない。 自民党が国民
を考えず政権に居続ける程、日本の再生は遅れてしまう。まさに、ここは総
選挙のときだ。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop