安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「ボンクラ大名と現代政治」

 私はよく知らなかったが、幕末から明治維新にかけての6年間に、幕府の
老中は26人入れ替わったということを、ある雑誌の論文で知った。へぇーと
思ったのと同時に、似ているなぁと思った。 似ているのはそればかりでは
ない。 老中は、各大名のポストである。 その大名がいわゆるボンクラの
集まり。 日米交渉など出来るわけもない。 世界情勢の中で翻弄されて、
幕府を改革するなど思いもよらなかった。 大名も世襲である。 能力では
なく名前でそのポストに就いていたのだから、徳川幕藩体制は今の自民党
と本当によく似ている。
 ハリスと交渉を行う奉行が必ず 「われは大名という身分なり」 と言って自
己紹介をして、そのあと通貨のことや開港のことなどまったくわからないと述
べ、ハリスを何度も激怒させたらしい。 そして次々と奉行も交代し、その交
代した奉行が判を押したように 「われは大名とういう・・・」 と同じことを述
べるものだから、当時ヨーロッパでは 「われは大名なり」という言葉が流行
したともいう。 「われは大名なり」を「われは世襲議員なり」 と替えればその
まま現代に当てはまり、安倍、福田、麻生の顔が脳裏に浮かんでくる。
 こんな有様を見れば、西郷や大久保に限らず、武力でこの幕府を倒して世
襲政治を崩壊させるしかないと考えるのは、自然のことと言える。 突き詰め
れば、明治維新は固定した身分制度をぶち壊し、能力主義を徹底させる革
命だったと言える。
 思い起こせば明治の元勲も、大正、昭和の財閥も政治家も、もとの身分は
ほとんどが平民の出身であり、大名家の出身ではない。 これは才能のある
エネルギッシュな人々が時代を切り開いた証明でもある。
 秀い出たリーダーがトップに立って、能力のある者が組織の要職に就けば、
世の中は変わるという証明でもある。 今こそ、この教訓に学ぶときだ。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop