安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「スピリッツなき経営」

結局、たばこの増税も昼に首相が指示したにもかかわらず、夜には
自民党税調にひっくり返されて見送りとなった。 
首相の存在や発言が、こうも軽々しいと政治の世界は芯棒を失って
しまい漂流や暴走を続けてしまう。 つまり権力不在の状況と同じな
のだ。これでは、しかっりとした予算編成も出来ないし、行政も停滞し
てしまう。
 テレビを見れば、この暮れに多くの労働者が派遣切りをされて、住
む家まで追われている。 日本という国はいつからこんな国になって
しまったのか。
 考えて見れば、この春まで空前の利益を上げていた企業がたくさん
ある。鉄鋼も機械も家電業界も、北京オリンピックまでの今年前半は、
大幅に利益を上げ続けていた。 自動車に至っては、確か去年過去
最高の利益を上げたはずだ。 つまり内部留保の金は少なくないだろう。 
まして国内で公表しているだけでも大変なお金なのに、海外分を含めた
らさらにすごい余剰金はあるはずだ。 話に聞くと、日本を代表する自
動車会社では、国内でわかっているだけでも12兆円の内部留保金が
あるという。 これにこの社の海外法人を含めたらどれだけだろう。 
経団連の会長さんの会社だって、大分で1200人の派遣切りを関連会
社を含めてやったが、少なくてもここ十年間で数兆円の利益があったは
ずだ。 1200人の人間を暮れにアパートを追い出し首を切るほど、切
迫しているとは思えない。 ひと言で言うと、来年以降の状況に悲観して、
今から身構えている、しかし、それが過度になっていると思われても仕方
ない。 生身の人間をモノを扱うのと同じように増減調整するやり方は許
せない。会社は社員や従業員を守ってこそ価値がある。 社員の給料を
みんなで下げてでもリストラしないで踏ん張るとか、何かスピリッツを感じ
る経営は出来ないのであろうか。
 せめて、派遣の人々の新しい職場や住む所が見つかるまで、社宅にそ
の人たちに居てもらうくらい出来ないのだろうか。 それくらいやれない経
営者に政治や社会について経済界の代表だの何だのと言って偉そうなこ
とを言う資格はない。
 
12月15日TVタックルに出演いたします。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop