安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

 『自民党は円天か』 

円天と呼ばれる疑似通貨を使って多額の資金を集めていた波という男
が詐欺容疑で逮捕された。 なんとこの男が集めていた資金は3万7000人
から1260億円に上った。 どう考えても円天などというオモチャ通貨が、胡
散臭いのは分かるものだが、悲しいかな人は騙される。
仕組みはこうだ 。 年利36パーセントをうたい出資を募る。 そして集めた
お金で布団などの商品販売を行っていた。 さらに、円天市場なる展示
即売会を開いて会員たちにさまざまな商品を売り付けていた。
聞くところによると会員が10万以上の出資をすれば毎年同じ額の円天
ポイントが配信された。 このため、参加者は「円天で買い物をすれば、円
ではなく「 円天で現実の金を使わないで買い物ができる 」として爆発的
に増えたという。 つまり、オモチャのお金でいい大人が買い物を繰り返し
ていたわけだ。
 笑っては不謹慎だが、人間はこうした詐欺に時としてハマってしまうの
だろう。 だから大規模な詐欺事件は定期的に発生する。 逮捕された波
という男もテレビで見るにつけ明らかにシャバの人ではない。 黒いワイ
シャツに赤いネクタイとくればそれだけで怪しい。 そして、テレビで堂々
と「 円天は大変な経済革命である。 世界の危機を救う発明だ。」と話し
ている姿は喜劇映画の三流役者のようで滑稽ですらある。
 しかし、円天の理論と同じような発想で政府発行の臨時紙幣を出そう
という話が自民党から出てきたから驚きだ。 これは、今使っている日銀
紙幣とは別に政府が紙幣を発行して国民にばらまくという政策だ。 昔
戦争中に使われた軍票と同じ発想だろう。 通貨の量的緩和をするとき
に、使われる劇薬政策だ。 副作用も強い。 結果的に今の円の価値を低
下させ国民の資産を減らしてしまう。またコントロールに失敗すればイン
フレを招く。 何よりも世界での日本の信用はがた落ちになる。 一時的に
は円天と同じでお金を手にした国民は消費をするかもしれない 。しかし
これは禁じ手だ。 想像するに究極の選挙対策で大量に政府紙幣をばら
まき後は野となれ山となれということではないか。 本気でこんなことを
考えているのならまさに自民党は円天と同じことになる。 情けない話だ。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293

PageTop