安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

『小沢代表続投問題』

 24日小沢代表の第一秘書の大久保秘書が、政治資金規正法の虚偽
記載容疑で起訴された。 小沢代表はその日の夜に記者会見し、民主党
代表職に当面留まることを表明した。 小沢代表の主張はここで代表を辞
任すれば、検察当局に屈することになるので、それはできないということ
だった。 小沢代表にとっては代表の座に留まるも、また退くもイバラの道
となった。 翌日からメディアや、党内からも辞任論が再燃している。
 こんがらがった糸をほぐすために、少し整理して自分の考えを述べてみ
たい。 まず第一に、今回の事件について小沢代表は更なる国民への説
明責任を果たす必要がある。
 特になぜあれだけの多額の献金を公共事業受注企業から受け取って
いたのか違法性がなくても、国民の疑念を払拭する説明責任が政治リー
ダーにはある。
 第二に、この問題と民主党のいわゆる体質は明らかに異質なものであ
る。 だからこそこの問題で民主党への国民の不信感が広がらないよう
最善の対策を取らなければならない。 検察当局と徹底的に戦ってもらう
ことは大いに結構だ。しかし、その戦いに民主党をできるだけ連動させ
ないように対応すべきである。
 第三は、検察当局への注文だ。 なぜこの時期に小沢代表の周辺にだ
け捜査のメスを入れたのかだ。 起訴された内容に当てはまれば、同様
の金を受け取っている二階大臣他20人の強制捜査はなぜやらないのか。 
この点を明確に説明出来なければ、国策捜査の誹りは免れまい。 
 この時期のこの容疑での野党第一党党首への強制捜査は過去の常識
では考えられないことなのだ。 東京地検特捜部も 今国民が抱いているこ
うした疑念に誠実に答える義務がある。
 小沢代表は、自らの進退は国民世論が決めると述べている。 その通り
だろう。 この先、民主党のリーダーとして小沢代表がふさわしいのかどう
か、国民の声がはっきりする。
その声に謙虚に耳を傾けて進退の判断をされることになると思う。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503 TEL 03-3508-7293
   HP    http://www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop