安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「逆風おさまらず」

 小沢代表への逆風がなかなか収まらない。 いずれの世論調査でも、
説明に納得していない国民の割合が、6割を超える。 また、辞任を求
める勢いも衰えるどころか、増える傾向にさえ見える。 今週行われた
北海道新聞の世論調査が的を得ている気がするので紹介する。
無党派の人たちの投票動向調査では、西松事件以降民主党の支持か
ら他の党への支持に変わった人の割合は13パーセントだった。
そして、今は民主党の支持だが、今後小沢代表が辞任をするなど状況
に好転がない場合は、さらに全体の46%が民主党への支持をほかの
党に変えると答えていた。 これは、民意を極めて正確に映し出してい
る数字だと思う。無党派層は民主党に警告を発していると見たほうが
いい。 同時に、彼らが民主党に与えてくれた時間が少なくなっている
ことも肝に命じるべきだろう。
 今の状況で政権交代は無理である。 このままでは、もしかすると郵
政解散と同じような結果になってしまう。 期待という風船があっという
間にしぼんでしまい、支持基盤の弱い民主党の新人候補者は与党候
補に競り負けてしまう。民主党が自民党に勝って政権交代を果たすた
めには無党派の支持が不可欠だ。 いや、絶対条件といっても過言で
はない。 私は、政権交代ができるかどうかが進退を決める唯一の判
断基準という小沢代表の言葉を信じている。 代表はもっと世間の厳し
い声に謙虚に耳を傾ける姿勢を示す必要があるのではなかろうか。
 自民党もうちのもたつきようを見て、にわかに、解散モードに入ってき
た。 今回の補正予算は、財源の殆どが赤字国債の発行などで手当て
されているため、仮に関連法案が成立しなくても多くの分野で予算が執
行できる。 衆議院を来月はじめに上げれば計算上は6月には解散でき
るということになる。
 しかし、その日程を使って本当に解散を断行するのかどうかは麻生総
理しだいであり、まさに神のみぞ知るだ。
 ちなみに、5月解散が無ければ8月選挙となるが、これは解散とは呼ば
ない。 事実上の追い込まれた任期満了選挙だからだ。 つまり、解散と
呼べるのは5月にやるときだけだ。 先の読めない暴風政局が続く。
 
  5/1・5/8号はお休みいたします。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503
  HP    http://www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop