安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「党首討論」

 党首討論が久々に注目された。 二大政党制の頂点に立つ党首討論
はまさに議会の華だ。 与野党の党首が次期総選挙での首相の座をか
けて白熱の討論を定期的に行うことで、それぞれの政治的力量を国民に
さらけ出し、リーダーとしての資質を問われるのが大切だと思う。
 これまでは、国会運営上の駆け引き材料に党首討論が使われていて、
双方とも自分たちの都合のよいときの開催を主張ばかりして実現がまま
ならなかった。 今回はようやく実現出来て双方にとって本当によかった。
 たぶん麻生首相も鳩山代表もこの45分間のために週末のかなりの時
間を割いてスタッフと準備をしたはずだ。 「今、国民が何をテーマとして
取り上げるのを望んでいるのか」や「自らの主張をより理解してもらうのに
何をたとえ話にすればいいのか」などあらゆる角度から分析を重ね内容
を決めているはずだ。
 実は、鳩山代表が以前党首討論を行っていた時に私は党の企画委員
長代理で手伝っていたので、大変さをよく知っている。 「何でこの分野は
取上げないのか」や「首相の話にもっと反撃しろ」とかさまざまな意見が討
論の前後に党内やマスコミなどから寄せられる。 しかし、45分の中で取
上げるテーマは限られる。 むしろ何を削るかで本人もスタッフもへとへと
になるのである。
 鳩山さんは正直でまじめなので準備した順番通りにきちっとやる人だ。
麻生さんも話は意外と堅くて準備していたメモに目をやることが多かった。
つまりは、意外性のある場外戦が無かった分面白みにかけたかもしれな
い。 ただ、会場は総選挙を控えて双方の応援団も力が入り相手の話が
聞き取りにくいくらい騒然としていた。
 この緊張感こそがまさに、党首討論なのである。 今、この場に出られ
るのは内閣総理大臣と野党第一党党首だけだ。 
 その重みと責任を自覚してもらって今後とも、双方のリーダーが政策は
もとより歴史観や哲学さらには人生観までもさらけ出し指導者としての力
量を競い合う場として定着させていきたいものだ。

 ★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503
  HP    http://www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop