安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「迷走」

 日本郵政の西川社長の続投問題は、思わぬ政局含みの展開になった。
鳩山総務大臣のあえて言えばパフォーマンスのおかげで麻生総理も追
い詰められた感がある。 小泉元総理をはじめ民営化イコール西川続投
支持派との対立は、統治能力の欠如を露呈している。 時間が経過する
につけ、さらに状況は悪化していくのに手をこまねいている。 それこそ、
自民党がいつも民主党に突きつけている政権担当能力の有りやなしや
が問われている。 常日頃の批判をそのままのしを付けて返してやりた
いものだ。
 ただ、この問題に関しては、うちの鳩山代表もあまり兄弟の関係にリン
クさせて政局的に見られる発言は慎むべきである。 何か政界再編含み
に見られるのは民主党にとって迷惑であり本人も本意ではなかろう。 こ
の問題に深入りする必要は無い。 与党の結論を待って対応すればいい。
 国会は、補正予算関連法案も来週には参議院の審議を終える見通し
になってきた。 そのほかの海賊対処法案も年金法案も6月中旬には審
議を終える。 残されているのは、臓器移植法案だが、これとて、今月中
には衆議院での結論は出るだろう。
つまり、解散の状況はまさに整ったといえる。 通常ならば7月2日解散
8月2日投票で総選挙となるはずだ。
 しかし、麻生総理からは、迷走する姿は見えても勝負に打って出る勢い
や雰囲気はまったく感じられない。 最近の首相動静を見ていると暢気に
東京都議会議員選挙の立候補予定者の事務所を挨拶回りしているらしい。
 しかし、それは時の総理大臣のやることではない。 何か変だ。うがった
見方かもしれないが、都議選で陣頭指揮をとってやったが負けたので責
任を取って総辞職すると言うシナリオを描いているのではではなかろうか。
 これならば麻生降ろしに屈して辞めたのではなく、総裁として責任を取っ
ての辞任となり格好もつく。
 そして、自民党は5人目の総理大臣を決めて解散する。 まさかとは思う
が、この政局の迷走を見るとそんなことまで連想してしまうのは私だけだろ
うか。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503
  HP    http://www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop