安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

政界の 「1Q84 」

 静岡の知事選挙は大接戦だったが、競り勝つことが出来た。 
ただ、民主党は二つの陣営に分裂したので、これを単純に足し算すれば、
100万票対70万票という大差になる。 東国原だの何だのといろいろ自
民党は使えるものは何でも使い、メディア利用を含め、総力戦で来たが、
いかに国民の政権交代を求める声が根深いものかを逆に証明するような
結果になった。
 現在、東京都議会議員選挙の渦中であるが、応援に出向いた先でも静
岡と同じ風を感じる。 有権者の方々の声なき声は、政権交代だ。
手応え十分であり、日曜日には手応え通りの結果が出ると確信している。
 
 最近、 村上春樹の話題作、「1Q84」 を読んだ。 主人公が現実に生
きていた1984年から、時空の違う 「1Q84」 に入り込んでしまい、月が
二つに見える異質な世界で新たな運命を生きるというものだ。 私は、こん
どの日曜日の夜は、政界でも 「1Q84」と同じことが起きるのではないかと
思っている。 つまり、都議選の結果は、今の政局を根本的に変えてしまい、
それまで想定しなかった現実が、出現するのではなかろうか。
 13日以降は国会も、この4年間の総決算のような大政局に突入する。 
その行き先は、だれも想定しないものになるかもしれない。
 しかし、そうは言っても、任期は刻々と近づいてきている。 自民党の打
つ手は限られてきた。 こちらも油断せずに来週を迎えたい。
 私の二年間の国対委員長代理としての仕事も、大詰めを迎えた感がある。
国対の仕事の集大成として政権交代に向けて大きな仕事を成し遂げたいと
思っている。 果たして麻生首相はどんな決断を下すのか見ものだ。

 ★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
  メール  g00017@shugiin.go.jp FAX 03-3508-3503
  HP    http://www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop