安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「本丸は本予算」

 2兆5千億円の予算を捻出したことは、いまだかつてないことだ。 いっ
たんつけた予算を執行停止にして、なおかつ国庫に返すことなんて、これ
までの日本の政治行政の歴史の中では考えられなかった。 現内閣は
短期間ながらよく頑張ったのではないか。 さらにしぼり出しをすることが
無駄をなくす第一歩になるので、私も、さらなる削減の具体案を関係大臣
に提案したが、3兆円にむけて頑張りたいものだ。 しかし、問題は本予算
だ。 この来年度の本予算の編成と国会での年度内成立を実現する
ことで、民主党政権は本格的な政権となる。
 かつての苦い経験で言えば、細川内閣の、この予算編成も自前で出来
ず、国会で本予算成立と引き替えに総辞職に追い込まれてしまった。 も
しあのとき、もう一年でも二年でも頑張って、本格的な予算編成をしていた
ら、自民党の政権復帰はなかったのではないかと思えてならない。
 予算にぶら下がっている各種団体や業界はあのとき、半年で自民党が
政権の座に帰ったから自民党を離れなかった。 その後、今日の政権交
代まで17年近くかかったのを見てもわかるように、一度政権の座を離し
たらふたたび手にするのにその何十倍ものエネルギーを要する。 だから
こそ、今回は何がなんでも民主党の政権下で、少なくとも3回、出来れば
4回の予算編成をやりたいと私は思う。 
 そうなれば、日本の社会は劇的に変化する。 いわゆる構造改革も3回
予算編成すれば確実に進む。 特に、来年に参議院選挙に勝利することで
政権基盤を強くすれば、その後の3年間は、民主党の思い描いた日本の大
改革が進むと思う。
まあそうさせない為に、自民党は全力で、臨時国会や通常国会に挑んで来
るはずだ。しかし彼らとて、来年の参議院で勝てなければ、その後の展望は
まったくない。
そうした意味では今回の衆議院選挙と来年の参議院選挙は、まるで大阪夏
の陣と冬の陣と同じ歴史的位置づけになるのではなかろうか。そののち、徳
川の世のように民主党政権が落ち着くのか、それともまた天下大乱なのか。 
これから8ヶ月が日本の政治の命運を決める。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
メール g00017@shugiin.go.jp FAX03-3508-3503
HP http//www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop