安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「 感動のお言葉 」

 天皇陛下在位20年記念式典が、国立劇場で、木曜日に開催され出席した。
私は、国会議員になってから何度か天皇陛下と間近に接する機会を得ることが
できたが、今日の式典でのお言葉にはこれまでにないほど感動した。
 激動の昭和から平成の20年間の歴史をご自身のお言葉で語られていた。 
特に、平成2年の即位の礼の赤阪御所までのパレードの光景を思い起こされて、
夕日に染まる国会議事堂の美しさや、沿道で多くの国民が祝福してくれたことを、
お述べになられて、この20年間支えてくれた国民に感謝の意を表された。
このお言葉を聞いて私は、胸にジンとくるものがあった。 陛下のお心が伝わって
くる内容であった。
 平成の20年間は、わが国にとって試練の連続であった。 バブル崩壊後の厳しい
経済情勢や阪神淡路大震災などの自然災害。 また、社会を震撼とさせたオウム真
理教事件など、様々な困難に直面した。 
 陛下は特に印象に残ったこととして、ベルリンの壁の崩壊について語られた。 「そ
れまでは知ることのなかった東欧などの国々の人々の暮らしぶりなどを知ることがで
きて、本当によかった。開かれた世界を作る第一歩となった。」という趣旨のことを述
べられた。
また、先の大戦で犠牲となった多くの国民や外国の方々への思いもお述べになられた。
いや、何度も言って恐縮だが、私は感動した。 これまでの私の47年間の人生のなか
で、もっとも感動したスピーチだったかもしれない。 何かこうして文章にするとよく伝わ
らないのが残念だが、あの場で直接陛下のお言葉を聞くことが出来たのは幸福なこと
であった。 
 ところで、今日も午前中宮中茶会があり、皇居に伺った。 多くの招待者と懇談したが、
何と私のごく近くに、EXILEのリーダーとボーカルのATSUSHIさんがいた。 まさか宮
中でお会いできるとは思わなかったがゆっくりと親しく話しをさせてもらった。 家族ぐる
みで大ファンで、チューチュートレインをやっていますと言ったら、二人とも大喜びだった。 
私が「喉はもう大丈夫なの」と言うと「お陰様でもう大丈夫です」とATSUSHIさんが笑顔
で答えてくれた。 好青年で益々ファンになった。素晴らしいひとときだった。


★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
メール g00017@shugiin.go.jp FAX03-3508-3503
HP http//www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop