安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「 仕分けの熱気 」

 
 政治家にとって「待つ」ことは、重要な仕事の一つだあるが、先週から
今週にかけて「待つ」ことばかりで、日が過ぎてしまった。 お陰でアポ
イントメントのかなりをキャンセルしたりしたから各方面に多大な迷惑を
おかけしてしまった。
 私も長く国会対策の仕事をしていたからよくわかるが、法案を成立さ
せるプロセスでは与野党の思惑がぶつかり合い、打開策がないまま国
会が空転することがよくある。
しかし、こうしたことは、そのほとんどが世論の関心を集める重要法案で
起きる。 ところが今回は、それほど重要でない法案の処理をめぐっての
激突とその後の国会の混乱であったから、世間やマスコミ各社から強い
批判を受けてしまった。 まあ不慣れな与野党同士であり仕方のない面
もあるが、よく今回の事態を反省して、この先の国会運営に生かして貰い
たいものだ。
 永田町は、12月も近くなり、全国からの陳情客が押し寄せて来ている。
私のところへもこれまでの野党時代よりも2倍から3倍近く来客が増えた
感じだ。 与野党逆転が一番実感されるのは、この風景かもしれない。
地元の宮城県の陳情はもとより、所管の防衛関係をはじめ、さらに、全国
の業界団体がワァーと押し寄せて来る。 まさに11月12月は「陳情月間」
と言える。とにかく上京する人たちも大変だし要望を聞く我々も大変だ。 
一日が終わるとヘトヘトになってしまう。
 ところで、民主党は今、事業仕分け作業を通じて、予算の中味を次々と
明らかにしている。 いろいろとご批判もあると思うが、多くの国民はこれま
で知ることのなかった予算のあり様を赤裸々に見せられて新鮮さを感じた
のではなかろうか。多少やり過ぎのところはあるが、それでもこれまでの自
民党の政治にはない「参加する政治」の熱気が伝わって来る。今の日本の
政治に必要なのは、この熱気なのだ。この熱気を何とか来年は日本の社会
を大きく変革するエネルギーに変えて行きたいものだ。                                

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
メール g00017@shugiin.go.jp FAX03-3508-3503
HP http//www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop