安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「 メシのタネ探し 」


 月曜日に東京の後援会に協力してもらって、セミナーを開催した。
多くの方々に来ていただき、私の方から5回目の総選挙の御礼と
時局への所信を申し上げた。 会場には岡田外相も駆けつけてく
れて、みなさんにも喜んでもらえたと思う。 私がこのセミナーで申
し上げたのは次のようなことである。
「私は今、安全保障委員長であるし、岡田外相にも来て頂いてい
るので、話の中心は、沖縄の問題になると思っている方も多いで
しょう。 しかし、そうではありません。 私は今、政府として早急に
やらねばならないのは、デフレ経済との戦いであり、この不景気を
いかに克服するかということだと思います。 つまり政府与党の最
大の課題は、安保問題ではなくて経済再建と国民生活の底上げだ
と思っています。 そして、人口減少に何が何でも歯止めをかけて、
経済成長を維持し、国民の雇用を確保する。 とにかく、子供をどん
どん増やして人口の逆ピラミッドを打ち破る。 このことに全力を尽く
す時だということです。
 財政の国債依存度も何とか正さなきゃならない。 その為には消費
税もタブーにしないで、堂々と国民の前で議論すべきだと考えており
ます。財政のバランスを良くして、 年金や医療の問題を解決して安
定させれば国の土台がしっかりできる。 その上で、これからも貿易
大国として、、世界に何を売って金を稼ぐかを、まさしく成長産業を作
り出していかねばならない。 いまこそ官民の英知を結集してこれか
ら半世紀、いや100年のいわゆる日本のメシのタネを生み出さねば
ならない時だ。」 と私はこう述べた。 さらに、次のようにつけ加えた。 
「だからこそ、政治が外交や安保の問題に、莫大なエネルギーを裂い
て揺れてはダメだと思います。 外交や安保が政治問題としてクロー
ズアップされること自体が国にとっては、決して良いことではないと思
います。」 と素直に述べた。 「このところは、いろんな意味で時間と
エネルギーをロスしていて実にもったいないことだ」 とも私は語った。
 これは、 私の偽らざる今の心境である。  一日も早く、外交安保の
問題を解決させて、現下の日本の大問題の解決に政府与党一丸とな
って集中できる状況を作りたいものだ。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
メール g00017@shugiin.go.jp FAX03-3508-3503
HP http//www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop