安住淳が斬る!

「安住淳が斬る!」では現在の政治情勢を皆様にリアルタイムでお伝えいたします。

「 奮闘努力せよ 」

 激動の一年が終わろうとしている。 たぶん、私の生涯にとっても、また
日本の政治史にとっても歴史に残る一年になったのだと思う。
この一年を渦中の人間として経験できたのは幸福なことであった。
 それにしてもジェットコースターに乗っているような一年だった。 1月5日の
国会開幕という異例のスタート。 国会での激闘の最中に起きた西松事件。
麻生内閣の支持率も下げ止まり、3月から4月にかけて、攻守入れ替わった
状況となる。 今にして思えば、自民党にとってこの時機が最高のチャンスだ
った。
 しかし、麻生首相はバットを振らず好球を見逃す。 そして5月、小沢代表の
辞任のあとの民主党代表選挙。 結果的には鳩山氏が代表に就任し、岡田氏
は幹事長、小沢氏は代表代行になり反撃体制を整えた。 局面は一気に打開
され、民主党の支持率は上がり、その勢いを保ったまま7月を迎えた。
 そして都議会議員選挙。 民主圧勝で、史上初の都議会第一党に躍り出た。
一方自民党は麻生首相の責任論が噴出して政局になる。 この状況を無視する
かのように強気の解散宣言。 私は、自民党が一気に総崩れになるのを国会対
策の最前線で見ることになった。 かくして衆議院は解散された。
 命運をかけた総選挙は、8月30日。 私はこれまで2年間、国会対策委員長
代理だったので、すべての代議士会に出席した。 その中でも解散日の代議士
会は忘れられない。 民主党の同僚議員の一人一人の顔が気力に充ちあふれ、
代議士会の会場の控室は何とも言えない緊張感がみなぎっていた。 全員が政
権を取ってやると心の中で叫んでいるのが手に取るようにわかった。このとき、民
主党の一体感は最高潮に達していたのだと思う。 不謹慎な例えになるかもしれ
ないが、たぶんバルチェク艦隊を発見して出撃するときの日本海軍や真珠湾攻撃
に出撃する連合艦隊もこんな雰囲気だったのではないかと連想してしまった。
 そして、8月30日の300議席超えの圧勝。 9月、鳩山内閣が誕生し、政権交代
は実現した。
 それから100日。 この100日は長かった。 まさに試行錯誤の日々であった。
皆が、それぞれの立場で苦悩する日々であった。 支持率50%。 今、日々の厳し
い生活にさらされている多くの国民の目が、民主党に向けられている。 そして、日
本の大改革の必要性を痛感している良識的な人々は、一日も早くこの内閣に結果を
出すよう求めている。 民主党は新しい年に向かって、初心を思い起こしながら、この
現実の中で、何とか国民の信頼を得るべく来年はマストにZ旗を掲げて、日々「奮闘
努力」せねばならない。 東郷元師の言葉を今年の締めに使わせていただく。

★安住淳国会通信の登録・解除・アドレス変更はこちらまで
メール g00017@shugiin.go.jp FAX03-3508-3503
HP http//www.miyaginet.com/jun-azumi/

PageTop